KSONテック

バニラキュアリング専用機

バニラ専門家ノウハウ X KSON技術力で開発された

バニラ加工プロセスの中、温度と湿度制御は極めて重要です。従来、加工品質は気候の変動に左右されやすいため、膨大な人手と時間が掛かります。
バニラキュアリング専用機1台で、気候変動リスクを克服可能、加工プロセスも
(加熱→発酵→キュアリング→乾燥→コンディショニング)より簡単にできます。

2019年に正式リリースされたバニラキュアリング専用機はバニラ業界専門家長年のノウハウとKSON独自の技術で開発された“業界初”バニラ専用加工機械です。従来バニラの加工は極めて労働集約的、各工程の条件と転換は長年のノウハウと経験がないとなかなかうまくいかないコア技術です。バニラ専門家の指導と経験に基づき、農家様の実作検証などを経って、業界初5IN1全工程搭載の加工専用機械です。

バニラキュアリング専用機は台湾、日本等国の農家様に実証され、認められた加工専用機械です。ユーザーの使いやすさと利便性を最優先し、1台で5つの工程を効率的に完了させます。(キリング→発酵→キュアリング→乾燥→コンディショニング)

専門家から見たーバニラ業界イノベーション
専門家ノウハウ X KSON技術力から生まれた ーバニラキュアリング専用機

バニラ業界イノベーター味様は10年以上も蓄積してきたノウハウを活かし、より効率的な加工方法を実現するため、弊社と共同開発したーバニラキュアリング専用機は業界初全工程(5 in1)を1台で実行可能斬新な技術です。各加工工程を隅々実作検証、ユーザーの利便性を最優先にします!

より省力化と効率化の道へ

伝統的な加工方法を何年もしてきた味様にとって、お湯キリングと天日干し等は最も手間が掛かる作業です。収穫量が多いため、従来何日も掛かるお湯キリングは現在指一本で加工プログラムを実行すれば、時間は自由に決めます。また、天日干しはその時期の天気に頼りきりで、雨の日、日差しがないと加工作業が中断され、カビのリスクと香りの生成も心配になります。バニラキュアリング専用機のお蔭で今は大雨も雪になっても平気で続けられ、天気の縛りから解放されました。

最適な加工環境で高品質なバニラビーンズを

収穫してからは5つの加工工程があります。キリング→発酵→キュアリング→乾燥→コンディショニングです。従来は膨大な人力が必要、加工自動化によって、バニラビーンズが安定的に仕上げられ、品質の確保も可能になります。

業界独自の技術ノウハウに基づき、世界初バニラ加工専用の機械を開発しています。
バニラキュアリング専用機は台湾、日本等国の農家様に実証され、認められた専用機械です。

-バニラ園オーナーから高い評価
バニラ農園を有するパティシェー味正琳さん-

バニラキュアリング専用機紹介ビデオ
業界初ーバニラキュアリング専用機
最適な加工環境
バニラキュアリング専用機の強み
①業界初熱気キリング機能、従来のお湯キリングより効率的、安定的に加工可能です。
②お湯キリングによく発生する過熱、温度不足のリスクを避けることができます。
③業界初5㏌1機能搭載、全ての加工機能を1台で楽にこなせます!
④導入実績より実作検証:フルー稼働で加工最大容量100㎏/回、雨、低温、雪等気候に影響されません。
⑤天日干し等に頼れず、加工時間をより効率的に自由に調整可能、人件費も↓
⑥遠隔モニタリング機能で(アプリ付き)、常時に機械の運転状況を確認可能。
久米島産のバニラビーンズは栽培から収穫・発酵まで完全久米島産で、有機認証圃場で栽培されました。久米島ならではの気候が適していることから数年前から栽培を始めました。一本一本心を込めた栽培と手間暇かけた発酵で安心安全な久米島産バニラビーンズを提供します。
バニラの苗は植えてから開花まで3年以上もの年月がかかります。強風が苦手で、湿度が高すぎても低すぎても、また寒すぎても暑すぎても枯れてしまう、とても繊細な植物です。また、花は数時間しか咲かず、人工でが受粉しなけれななりません。長年のノウハウとてと技術が欠かせないです。受粉したバニラの花は鞘になり、7‐8ヶ月ほどかけてインゲンのような緑色の鞘が出来たら収穫されます。
2012年から「バニラ」を植え始め、「バニラファーマー」というバニラ農園ブランドを立ち上がり、それと同時に自家栽培のバニラビーンズを使った―チョコレート専門店「バニラナイト」を設立しました。味正琳さんは、究極の味を追求するだけでなく、台湾で「トップバニラビーンズ」の生産を促進した第一人者と業界で認識されています。
主に熱帯地域で栽培され、果実を発酵・乾燥させたバニラビーンズはほぼ100%が輸入ものです。温暖化が進む中、九州・沖縄で本格生産を目指す動きが出てきています。バニラは主にアフリカ・マダガスカル島など熱帯地域で栽培・加工され、国内に流通。販売価格は1キロ7万円前後ですが、近年は自然災害を背景に高騰、世界的にもアイスクリームの価格などに影響が出ています。
バニラは多年生のつる熱帯植物​​です。バニラの成長は、半日 陰の環境を好みます( 21〜29度の日平均気温)。支えと洩れ 日を確保するために添え木を必要とします。その理想的な添え 木とは速く生長し、低いところで枝分かれする習性をもち、強風 にも柔軟な木が求められます。
市販のバニラビーンズはたくさんありますが、輸入品はお主にマダガスカル、インドネシア、パプアニューギニアのものを中心に販売されています。品種はほぼvanilla planifoliaがメインです。よくブルボンバニラビーンズ、メキシコバニラビーンズとも呼ばれています。タヒチバニラと比較して、メキシコのものはウッドとキャラメルの香りが強く、梅干しの匂いも多少持っています。またブルボンバニラビーンズは市場シェアが高く、購入しやすいです。

バニラキュアリング専用機スペック表

Product Specification for Market


お問い合わせ

we are happy to listen from you anytime


お問い合わせは 
デイブレイク株式会社 
TEL:03-6453-7357
〒140-0002 
東京都品川区東品川2-2-43 T2ビル2F

Placeholder image
Placeholder image
歴史
    3問合せカート