KSONテック

熟成アカデミー

熟成アカデミー

サントリー角瓶熟成比較

商品名:サントリー角瓶
熟成条件:ワインセラー(18℃) 、氷点熟成機( -0.8℃ )
熟成日数:5日、13日、33日
比較方法:ワインセラーまたは熟成機から角瓶を取り出し
常温環境にて5時間置いてから飲み比べします。


 
ワインセラー(18℃)
/33日まで
点熟成機(-0.8℃)
/5日
氷点熟成機(-0.8℃)
/13日
氷点熟成機(-0.8℃)
/33日
呈色(PANTONE)
PANTONE 130C
PANTONE 130C
PANTONE 132C
PANTONE 130C
香り
強いアルコール臭が感じられる
アルコール臭が減少、タフィー、キャラメルのような香りが感じられる。香りも長く続く。
コク・口あたり
上顎に集中
風味が口に広がる 
喉越し
辛さが強い
よりまろやかな味わい、比較的に飲みやすくなった
PH値
4.24
4.24
4.31
4.34
EC(導電率µS/cm)
1µS/cm=0.5ppm(TDS)
0.03
0.05
0.03
0.03
糖度
12.0%
13.6%
14.0%
14.2%
 
結論:
1.熟成の間に、呈色の変化があまりないです。
2.33日まで熟成したら、アルコール臭は明らかに減少、香りもよくなります。
3.熟成することで、ウィスキーの風味がまろやかになり、飲みやすくになります。
4.ウィスキーを熟成したら、糖度が上がることが確認できます。
歴史
    3問い合わせ
    お問い合わせ